精神面の不調が原因で勃起不全になったかの見分け方

陰茎が立たなかったり、途中で折れてしまう勃起不全はなぜ起きてしまうのでしょうか。加齢による男性ホルモンの減少で40代ごろで誰でも性欲減退を感じるものですが、20代30代で勃起不全に悩まされる人もいます。その場合は、精神面の不調が原因となっているケースが非常に多いので、見分け方をチェックしてみましょう。
精神的なことが原因になった心因性の勃起不全では、自慰をする時や早朝には陰茎が勃起します。それに対して体の病気や加齢が原因の器質性勃起不全の場合は、性行為をする時以外も勃起しないことが多いです。動脈硬化や糖尿病などが原因となっている場合、陰茎の血流が悪くて上手く勃起できなくなります。体型では、太っている人が器質性の勃起不全になりやすいので、見分け方の1つとしてください。
精神的な緊張や仕事のストレス、相手にプライドを傷つけられたなど、多くの心因性勃起不全では原因はこれだと本人がはっきりと自覚できるものです。過去に性行為で失敗したなどの負の経験も原因となります。他にも、床オナと呼ばれる圧迫感を利用した自慰行為を繰り返していたことが理由になるケースもあります。自分はストレスを感じていないし肉体的にも健康体だと、まったく思い当る節がないという人もいるでしょう。ちょっと厄介なのですが、本人に自覚できない深層心理の抑圧や不安が原因となる勃起不全もあるのです。例えば、子どものころに性被害に遭ったり去勢恐怖に晒されたりというトラウマ、母親から離れるのが怖いという母子分離不安が心の奥に隠れていて、勃起を阻害していることがあります。精神面の深い所が原因だと見分け方は難しいですが、他の心因性勃起不全と同じくカウンセリングを受ける事で徐々に快方に向かいます。